宇都宮内科クリニック

  • HOME
  • News & Topics
  • 当院について
  • 診療について
  • 当院へのアクセス
宇都宮内科クリニックは、愛媛県西予市にある、内科・消化器内科のクリニックです。

ご予約・お問い合わせ

信頼されるクリニックへ

安心・信頼される医療とは、
患者さんとの信頼の上に、はじめて成り立つものと考えています。
当院では、何でもお気軽に相談して頂けるアットホームな雰囲気、
高い専門性からなる正確な診断・治療を心がけております。

当院理念

  • 1.なんでも気軽に相談できるクリニック
  • 2.安心できる、質の高い医療を提供できるクリニック
  • 3.医療を通じて地域に貢献できるクリニック

院長挨拶

当院は患者さんの立場に立った医療を行い、安心・信頼できる「かかりつけ医」を目指し、地域の皆さまの健康をサポートいたします。
当院では、消化器疾患のスクリーニングから近年食生活の欧米化を反映し、急速に増加している高血圧・糖尿病などの生活習慣病の予防、および早期発見など、内科疾患全般に広く対応できるよう努めております。

当院の目標は地域に根ざした医療であり、外来診療の他、通院が困難な患者さんの往診などにも対応いたします。
当院は一般的な血液検査やレントゲン検査、心電図検査に加えて、上部内視鏡(胃カメラ)、下部内視鏡(大腸カメラ)、腹部超音波検査、便潜血検査による消化器疾患の発見に積極的に取り組んでおります。また、細径内視鏡という細い内視鏡を用いて患者負担の軽減に努めております。また、専門性を要する疾患と判断した場合は積極的に近隣の医療機関や大学病院などへ適宜ご紹介いたします。

当院では、患者さんとの信頼関係構築を大切に考え、同時に安心で適切な医療サービスの提供ができるようスタッフ一同日々、努力してまいりますので、宜しくお願いいたします。

院長宇都宮 大貴

院長紹介

院長宇都宮 大貴
■ 学位・専門医
医学博士
産業医
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
■ 所属学会
日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓病学会
日本超音波学会
日本糖尿病学会
■ 受賞暦
平成30年消化器病学会奨励賞
平成30年太田康幸賞
(愛媛大学医学部 消化器・内分泌・代謝内科学講座
最優秀基礎論文賞)
■ 出身・履歴
西予市野村町出身
平成21年関西医科大学医学部卒業
平成21年愛媛大学医学部付属病院(臨床研修医)
平成22年愛媛県立中央病院(臨床研修医)
平成23年愛媛県立中央病院(消化器内科専攻医)
平成25年愛媛大学医学部附属病院(消化器内科医員)
平成29年愛媛大学医学部附属病院 光学医療診療部 助教
平成29年愛媛大学医学部付属病院光学医療診療部
(内視鏡部門)副診療部長
平成30年宇都宮内科クリニック 開院

院内紹介

  • 玄関
    手すりを多く設置し、バリアフリーで、どなた様も安心してご来院いただけます。
  • 受付
    明るいスタッフが丁寧に対応いたします。来院時には、保険証や診察券、お薬手帳をご提出ください。
  • 待合室
    高い天井と、外には緑地が見える、優しいロビー空間です。クッション性が高いゆったりとしたソファーで、リラックスしてお待ち頂けます。給茶機(緑茶・水)もございますので、ご自由にお飲みください。
  • 診察室
    電子カルテを採用し、患者さん情報を一元化して厳格に管理しています。また、診察終了からお会計までの待ち時間を、極力短くしています。
  • 点滴室
    落ち着いて点滴を受けて頂くために、カーテンで仕切られたゆったりとしたベッドをご用意しました。室内の明るさも調節できるようになっておりますので、リラックスして点滴を受けていただけます。
  • 多目的トイレ
    車椅子の患者さんにもご利用いただけるよう、バリアフリーの広めのトイレです。また、オムツ替えシート、ベビーチェアも完備しております。
  • 処置室
    こちらで血液検査を行います。全自動血球計算器・生化学自動分析装置を導入しています。院内で測定しますので、検査当日に結果をお知らせできます。
    (一部の特殊な血液検査につきましては、外部の検査会社に委託します。)
  • レントゲン室
    胸部・腹部等の一般撮影診断を行います。デジタル画像ファイリングシステムを導入し、撮影したレントゲン写真をすぐに見ることが出来ます。また、治療経過をデジタル化表示し、以前の画像と比較して見られます。
  • 検査室
    内視鏡検査はつらい、怖いといったイメージを持っている方が多いと思います。当院では細径の上部内視鏡を用いるなど、様々な工夫を重ね、安全性を確保した上で検査時の苦痛を最小限にし、できるだけ気楽に検査を受けていただけるよう心がけております。検査患者さまの負担が少ない経鼻内視鏡(鼻から入れる内視鏡)もご用意しております。
  • 超音波診断装置
    肝臓・胆のう・膵臓・脾臓・腎臓などの、疾患のスクリーニングを行います。
  • 感染症隔離室
    インフルエンザシーズンにおいて、感染者を隔離し、感染拡大防止に努めます。
  • 空気清浄機(ジアイーノ)
    水道水と塩を電気分解することで「次亜塩素酸」を生成。次亜塩素酸は除菌力、ウイルス抑制力、脱臭に優れ、安全性にも配慮した濃度で、院内感染対策や異臭抑制に威力を発揮します。花粉飛散期やインフルエンザシーズンにおいても快適な環境を提供します。

血管年齢検査 血圧脈波検査装置を用いることで、CAVI(心臓足首血管指数)とABI(足関節上腕血圧比)の測定を行い、血管の硬さと下肢動脈の詰まり具合を知ることができます。つまり、血管の硬さを血管年齢で分かりやすくお伝えします。
血管が硬くなると、動脈硬化症による心筋梗塞や脳卒中などの命に関わる病気の原因となることもあります。
血管年齢を知ることで、大事に至る前に、治療・改善することができます。メタボリックシンドロームの方や高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙、肥満などがある方、下肢の冷えやしびれを感じる方は異常を示すことが多いため、血管年齢検査を受けられることをお勧めします。(検査時間は約5分で検査結果は当日お渡しします)

大腸カメラ 当院では迅速、丁寧、苦痛の少ない下部消化管内視鏡(大腸カメラ)を心がけております。そのため、速やかに体内に吸収され腹満感が少ないとされるCO2(二酸化炭素)送気を用いて検査をおこなっております。また、治療後の出血が少ないコールドポリペクトミーと呼ばれるポリープ切除方法も採用しております。大腸カメラの前には全身状態・内服薬の確認、検査方法の説明、下剤処方、検査日の決定のために一度来院して頂く必要があります。
※CO2(二酸化炭素)送気による追加料金はありません。
※鎮静下の(眠った状態で行う)胃カメラ・大腸カメラも適宜、対応致しますのでご希望の方はお申し出ください。

Copyright (C) Utsunomiya naika clinic. All Rights Reserved.